嫌われることを恐れないで意見を言ってみよう

嫌われることを恐れない】これは日本のような社会で生きているとなかなか「嫌われることを恐れない」ことが出来ない性格に作り上げられてしまいます。特に日本では「みんなと一緒」で安心感を得られるしくみにもなっていますよね。その中で個人が違った意見を発信するととても目立ち注目され、非難の対象にもなりやすいです。

嫌われることを恐れないで意見を言えるようになると、どのようなことが起こると思いますか?自分にとってのメリットは何でしょうか。これがわかると自分の意見を言えるようになります。

嫌われる 恐れない

嫌われることが恐い時

人が嫌われるのを恐れるときってどんな時だと思いますか?
みなさんはこのような時、どういう反応をしますか?

嫌われる 恐れない 友達の意見に賛成できない

嫌われる 恐れない 親の考え方と違う

嫌われる 恐れない 上司の言っている事がおかしい

こういう場面に直面したこと、少なくとも1回くらいはないでしょうか。私は結構頻繁にありました。でもそのときに自分の意見を言えたか…
言えなかったことがほとんどです。

理由

嫌われる 恐れない 反論すると面倒なことになるのが恐い

嫌われる 恐れない 変な人だと思われたくない

嫌われる 恐れない 孤立したくない

嫌われる 恐れない 話のわかるいい子でいたい

嫌われる 恐れない 使える自分になりたい

こんな風に考えていたと思います。少し自分の周りにいる人たちと違う意見を持っていると、非難の対象、または自分が変わり者、協調性の欠けた人だと思われてしまう。

でも本当に実際「人と違う意見」を言ったら、孤立していたか、ということはわかりません。例えばある友達Aがまわりとは違った意見を強調した。そして、偶然その友達Aに賛同する人がいた。そしてまわりも少しずつその意見を発信した友達Aに賛成するようになり、この友達Aは支持され人気者になった。

でも少し経つと流れが変わった。
友達Aの意見を友達Bが批判した。そして今度はまわりも友達Aを批判するようになった。

こうして「まわり」は流されて賛同したり批判したりします。あの人がやっているから自分も同じようにしておけばひとまず安心。そんな風に考える人が世の中にはたくさんいます。そういう人たちのせいで人とは違った意見を言いづらい世の中になっています。

出る杭は打たれる?

「出る杭は打たれる」ということわざがありますよね。
出る杭は打たれるというよりも、出る杭は「よけられる」とか「孤立する」のほうが日本社会に合っている様な感じもします。出る杭を打ってくる強い人はなかなかいなかったりします。それよりも、まわりは横一線出ないように、出る杭を避けるようになります。

特に学校や会社では、上司やルールに従い横並びを意識して協調性を持って自分をコントロールし、まわりに認められる社会の場合がほとんどです。先生や上司が例えば自分と考え方が違っても、上や右に習って賛同しなければ評価されづらいのです。

嫌われる 恐れない

日本社会独特なこと?

ここまでお話しした内容が、日本社会の現実ですが、目立つ人が風当たりが強くなると意味では日本だけではなく外国もゼロではないですよね。例えば大統領とか、芸能人。目立つ人が何か変わった行動を起こすと非難の対象になります。ただ、日本の学校や会社ほど、意見の言いづらい国はないのではないでしょうか。

私はちなみに今アメリカに住んでいるのですが、日本より確実に意見は言いやすい環境だと感じています。例えば人と違う意見を言ったときに、その人のことを奇異な目で見るのではなく、「この人はこういう風に考える」「意見はそれぞれ違ってあたりまえ」賛同はしなくても孤立させたりする風潮はあまり感じません。

意見を言いやすい時代

今は個人でも自分オリジナルな意見を言いやすい時代になりました。多くの人が利用しているインターネットです。今は様々な媒体で個人の意見が発信されていますね。インターネット上のSNSやブログ、掲示板などです。それも、インターネット上なら顔を出さずに匿名で意見を言うことが簡単にできます。

そういう一般人から匿名で発信される本音が、政治を動かす事だって実際にありますよね。

会社や学校の風潮はなかなか今すぐ変えることは出来なくても、インターネット上なら自分の意見を言いやすいですよね。匿名にすることもできますし。

嫌われる 恐れない

自分の意見を発信して得られるもの

一つ目は、まわりの意見に賛同していたときには得られなかった、開放感です。自由に考え、自由に感じ、自分の意見を発信することで、「生きている」とより実感します。まわりに合わせるだけではなく自分の頭で考えることにより、世の中で起きていることについてもっと深く考えるようになります。自分を見つめなおす機会も増えます。そして自分は本当はどう生きていきたいのかなども考えるようになります。

二つ目は、人との深いつながりです。
まわりに流されているだけではあなたも「まわりの人間の中の一人」となりますが、あなたの意見を発信することで、数は多くなくともあなたに賛成する人も出てくることもあります。(賛成されなくても気にすることはありません)多くの人に支持されなくてももしあなたと同じ意見を持つ人が現れれば、その人とのつながりはとても深いものとなり、かけがえのない大切な存在になります。これは、流されている時には得られないものです。

嫌われる 恐れない

嫌われることを恐れないで意見を言ってみよう おわりに

今は前よりも個人が意見を発信しやすくなりました。嫌われることを恐れずに、あなたの意見をどんどん発信していきましょう。例え多くの人に嫌われたとしても、あなたの意見に賛成する仲間との絆は深いものになります。もしも仲間ができなくても、せっかくたった一つの命を生きているのですから、あなたのオリジナルな考え方を世の中に発信してみましょう。

主婦 在宅 稼ぐ

『5人家族を養う主婦のアフィリエイト in アメリカ』へ
お越しいただきありがとうございます。

木下愛からのプレゼントで、
私がどのようにアフィリエイトで5人家族を養えるようになったか
平凡な主婦でもアフィリエイトで稼げるとはどういうことかなど、

無料メルマガを受け取れます主婦 ネットで稼ぐ 







この記事をシェアしますか?

フォローする