何のために働くの?

何のために働くの?と、ふと思うことはありませんか。
私は新卒で入った会社が世に言われるブラック企業で27時間以上会社で働き続けていたときに毎日のように思っていました。

『私が入ったブラック企業の実態。』⇒

何のために働くのか答えられる人

何のため 働く

あなたは今何のために働いているのか答えられますか?
私は、毎日のように働いていた当時は全然わかりませんでした。

何のため 働く 何度も不合格をもらった就職活動でやっと雇ってくれた

何のため 働く とりあえず生活の為

何のため 働く 貯金の為

何のため 働く 結婚資金

何のため 働く 休みの日にお金を使うため

こんな感じでした。

何のために働くのか答えられる人なんてあまりいないのではないでしょうか。
多くの人がまわりの流れ、親の勧め、友達の影響などに流されて決めていると思います。

何のために働くのかわからないまま危険

何のため 働く

何のために働いているのかわからないまま流されているほど危険なことはありません。

何のため 働く 『10年以内に消えてなくなる職業

何のため 働く 『老後の不安を今すぐなくす!

でもお話ししましたが、まわりに流されて与えられた仕事をしているだけでは大変危険です。
上記の記事を参考にしてもらえるとわかるのですが、
AI(人工知能)研究が進み近い将来ロボットに今ある多くの職業が取られます。

それだけではなく、実際に今起きている問題として、『老後破産』とは聞いたことはありますか?
今は年金だけでは十分な生活ができない人が多いので、定年退職をしてから多くの方がシルバー派遣などに登録したりシニアアルバイトなどをして生活をしています。

足腰にガタがきてまで働くのはキツいです。
実際に、70歳で定年退職し、その後アルバイト、そして腰が悪くなり2年で退職の末、老後破産
これは実際にインタビューとしてニュースで取り上げられていました。

70歳まで現役!

そんなこと言われても一度きりの自分の人生、一生生活の為に働き続けてやがて死んでいくなんて考えただけでぞっとします。

できるなら老後までお金の心配などせずにパートナーや家族、自分の趣味や好きなことに残された自分の大切な人生を使いたいものです。

好きなことをしながら働くことができる時代

何のため 働く

人間の脳機能がAI(人工知能)に追い越される時代はもうすぐそこまできています。
これからは、

何のため 働く ロボットにはできない人間にできる仕事

何のため 働く 単純作業ではなく人間にしかできない仕事

これが本当の意味での『安定した職業』になってきます。

関連記事⇒『好きなことを仕事にできる時代

アメリカでは3人に1人がフリーランス

何のため 働く

カナダ ヴィクトリア

『フリーランス』とは時間や場所にとらわれず自分の特技やスキル、持っている情報などを発信していく職業ですが、これは個性が必要とされ、ロボットにはできない仕事になるはずです。

情報発信とは例えば

何のため 働く 旅をしながらネットで情報発信をする

何のため 働く おすすめ商品をランキングにして紹介する

何のため 働く 何かの体験談を募集してそれを紹介していく

このようなものをネットでその情報を必要としている人に伝えていきます。
そういった自分の好きなこと、趣味や特技が仕事となります。

こういった働き方は、なかなか上がらない時給や月給を会社からもらって働くのではなく、自分の給料は自分のスキル次第、頑張り次第で決まります。
更に仕事をもっと頑張りたければ頑張れば良い。もっと自分の時間が必要なら仕事ではなく自分の時間を作ればいい。

自分の人生を自分でデザインすることができます。

今は、たとえ大学を卒業してまじめに定年まで働いてもその先の生活は保障されていません。
高い年金を何十年も払い続けても、払った分の見返りを国が十分にしてくれると言うにはほど遠い現状です。

何のために働くの? おわりに

何のため 働く

何のため 働く 今自分が何のために働いているのか

何のため 働く どういう人生を送りたいのか

何のため 働く 自分が大切にしたいものは何か

何のため 働く 自分が好きなことは何か

あらためて自分について考える時間を持つことも必要です。
一度きりの人生です。自分の人生は自分でデザインしたいものです。

主婦 在宅 稼ぐ

『5人家族を養う主婦のアフィリエイト in アメリカ』へ
お越しいただきありがとうございます。

木下愛からのプレゼントで、
私がどのようにアフィリエイトで5人家族を養えるようになったか
平凡な主婦でもアフィリエイトで稼げるとはどういうことかなど、

無料メルマガを受け取れます主婦 ネットで稼ぐ 







この記事をシェアしますか?

フォローする