ニッチキーワードがアクセスが集まり稼げる理由【特に初心者】

ニッチキーワードで初心者が上位表示しやすい理由とアクセスを集めやすい理由を説明します。私は実際60記事にも満たない新しいドメイン、新しいサイトにサーチエンジンから35以上のアクセスが集まったりしています。

アフィリエイトで稼ぐにはキーワード選定が命です。更に初心者の場合はこのキーワード選定が難しく感じる場合が多々あります。そして、特に初心者はニッチなキーワードの方がアクセスが集まる理由も解説します。

ニッチキーワードとは?

ニッチキーワード

まずニッチキーワードの意味です。ニッチとは「適所、隙間」という意味で、ニッチ市場ともいいライバルが多く存在しない隙間にあるキーワードというような意味を持ちます。

キーワードの種類はビッグワード、ロングテールキーワード、レッドオーシャン、ブルーオーシャンなどと呼ばれるものがあります。

このニッチキーワードは、ロングテールキーワード、ブルーオーシャンキーワードとも言いい、ライバルをより減らしていくキーワード選定方法です。通常、2語や3語を組み合わせてキーワードを決めます。

ニッチキーワードを初心者が選ぶべき理由

初心者がキーワード選定と聞くと、より多くの人が検索しそうな人気のあるキーワード(ビッグワード、レッドオーシャンキーワード)、1語を探しがちですが、ここには実際多くのライバルが存在しますね。

ですので初心者がビッグワード1語で記事を作っても、検索結果の下のほうに表示されてしまう確立が高いので、たとえ多くの人が検索する人気のキーワードであってもアクセスを集めづらいのです。

反対にニッチキーワードを使ってライバルを減らしていけば、初心者でも検索結果1~3位に表示されることも十分可能です。

たとえ月の平均検索数が10~100しかなくても、あなたの記事が1~3位に入れば、毎月10~100のうち上位表示されているあなたの記事が閲覧される確立が高くなります。

結果的に人気のある(ライバルのいる)キーワードを選ぶよりも、検索回数は劣るがライバルのいないニッチキーワードを狙ったほうが上位表示されアクセスが集まるということです。

ニッチキーワードの探し方

お金を出してキーワード選定ツールを買わなくても、初心者がニッチキーワードを見つけることは可能です。

ニッチキーワード グーグルアドワーズのキーワードプランナー
ニッチキーワード グーグルの検索窓

この2つを使えばニッチキーワードを見つけることは出来ますが、その前にまず自分のサイトやブログに合ったジャンルや人が悩んでいたり検索しそうな内容を考える必要はあります。だいたいこんな記事の内容を書こうかなと決まったら、グーグルアドワーズのキーワードプランナーで検索ボリュームやライバル数をみます。

検索数10~100でも十分だと私は思います。実際に私のブログにはそれで狙った記事へすぐにサーチエンジンからアクセスが来ます。

それだけでも十分上位表示を狙いアクセスも見込めるのですが、更にまだいくつかキーワードで悩んでいたら、グーグルの検索窓を使います。

「allintitle」と「intitle」

ニッチキーワード 「allintitle」と「intitle」はタイトルにキーワードが完全一致で入っているかそうでないか

「allintitle」とは、タイトルにキーワードがすべて入っているという意味です。

グーグル検索窓に、例えばこのような感じで入力します

ニッチキーワード

この意味は、「キーワード選定 ニッチキーワード」がタイトルに完全一致している記事は35だけですので、初心者でも少し頑張って記事を書けば十分上位表示できますよね。狙うのは1位です。

これは具体例なので実際にキーワードプランナーでこのキーワードの検索ボリュームを見ると全然ないのでこれは私ならやめます。10~100の検索ボリュームはあったほうが良いと思います。

初心者なら、10~100以上の検索ボリュームで、完全一致タイトルが50以下なら、狙い目なはずです。

ニッチキーワードがアクセスが集まり稼げる理由【特に初心者】 おわりに

ニッチキーワードで検索結果1位~3位になれば、確実にサーチエンジンからアクセスが来ます。たとえ検索ボリュームが10~100しかなくても、そういった記事がいくつもあればアクセスがたくさん集まります。

主婦 在宅 稼ぐ

『5人家族を養う主婦のアフィリエイト in アメリカ』へ
お越しいただきありがとうございます。

木下愛からのプレゼントで、
私がどのようにアフィリエイトで5人家族を養えるようになったか
平凡な主婦でもアフィリエイトで稼げるとはどういうことかなど、

無料メルマガを受け取れます主婦 ネットで稼ぐ 







この記事をシェアしますか?

フォローする