30代になった私が思う人生観

今年31歳になった私が思う人生観

厚生労働省は、日本人の平均寿命を次のように発表しました。(2017年3月)

男性が80.75歳、女性が86.99歳

私は今年31歳になったわけですが、残りの寿命(例えば平均寿命まで生きることができれば)
55年(小数点以下切捨て)!

今年、3人目の子どもを出産したのですが、このかわいい子どもたちを見るたびに、

あとどれくらいこの子たちのそばで幸せをもらえるだろう

あとどれくらいこの子たちとかけがえのない時間を共に過ごすことができるだろう

そんなことを考えています。

私は昔からよく「毎日忙しそうだねー」とか、
「愛は忙しいイメージ!」
と、言われ続けました。今でもみんなそう思っているみたいです。

私の人生観は実は10代後半頃からずっと変わっていません。

常に、「明日死ぬかもしれない」

という気持ちで生きています。

30代になって変わったことといえば

私の人生観は10代後半ごろから変わっていませんとお伝えしましたが、変わったことがあるとすれば一つ、子どもができたこと。自分より大切なものができたこと、です。3人子どもを出産した今、自分にとっての使命は少しだけ変わりました。

「この子たちを幸せにする」

「愛情たっぷりそそぐ」

「時間がゆるされる限りそばにいて成長を見守る」

です。大切な人を守りたいという人生観、明日死ぬかもしれない覚悟で生きるという人生観こそ変わってはいませんが、自分より大切なものが出来た今、私の人生の使命は上記の通りです。

アフィリエイト

たくさんもらったプレゼントをせっせと開ける私と娘

忙しすぎる人の人生観

30代といえば働き盛りですよね。

毎日眠い目をこすりアラームで無理やり目を覚ませ、満員電車に乗って立ちながら眠る技術を身につけ、ひたすら毎日同じ事をして生きる為のぎりぎりの給料を得る。休日は、平日のほとんどを仕事をして終わってしまう毎日の疲れを癒したい、できるかぎり眠りたい、休日くらい自分の好きなことをしてTVを見たりゲームをしたい。休日くらいぼーっとしたい。

私も新卒で働いていた頃は特にそう思っていました。
会社が終わって時計を見て、「明日会社に戻るまでに何時間眠ることが出来て少しは休めるのだろうか」とか思っていました。

ほとんどのフルタイムで働く社会人はそう思っているのではないでしょうか。SNSやネットの中の掲示板などにも、そのようなサラリーマンの旦那さんを持つ奥様たちの「愚痴」がたくさん聞こえてきますね。

確かに、お仕事で毎日疲れ果てるまで働いて、家族のためにお給料を稼いでくる。とても立派な事です。
しかし、その方たちの例えば30代でそのような生活をしている方の人生観、とても気になります。特に男性の方は女性よりも平均寿命が短く例えば今31歳の男性は、平均寿命まであと50年。あと何年今のような仕事だけで一日が終わってしまうような生活を続けるのでしょうか。

私はそんな毎日が嫌で(夫の会社の倒産もありますが)、ネットビジネスに飛び込みました。今の日本社会では毎日疲れ果てるまで働いて、時には人間関係で悩み、家族に八つ当たりして一番大切にしなかればならない人を傷つけてしまうのは、間違っていると気づいたからです。

あと10年もすれば、今あるたくさんの職業は、その職業ごとロボットやITの進化によってなくなってしまうと言われています。

30代 人生観

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです」

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる—そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授である。

出典:週間現代

これはほんの一部だそうです。10~20年という本当に近い将来、たくさんの職業がこの世の中から必要性がなくなってしまいロボットなどに仕事を取られてしまうそうです。

ちなみに「電話オペレーター」「レジ係」「ホテルの受付」は、私もアルバイトを含め経験してきたので、あのまま何も考えず続けていたら慣れ親しんだ自分の職業がなくなってしまうことになっていたんだと思うと、ゾッとします。

これから需要の大きくなる業界

それはネットビジネス業界です。ちなみに私は今は専業アフィリエイターとして5人家族を養えるだけの収入を得ています。こんななんの取りえのなかった普通の子持ちの主婦でもアフィリエイトというネットビジネス業界において家族を養えるようになるくらい、今ネットビジネスの需要が大きくなっています。

30代 人生観

これは総務省による通信販売の年代別の利用率です。ほとんどの年代で多くの方がネットショッピングを利用しています。

このグラフはそのまま、ネットビジネスの需要が大きいということを表しています。

私の仕事の選び方【30代における人生観】

私は、家族との時間、自分の好きなことをする時間をとても重要視しています。31歳になった人生観をまとめると、「大切な家族とかけがえのない時を共に過ごし幸せに暮らす」です。毎日仕事に追われながら疲れきった身体で子供とゆっくり遊ぶ時間もなかなか持てず悩んだ末選んだ職業がアフィリエイターです。これからのネットビジネスの需要、時間の持ち方、残された時間をどうやって大切な人たちと過ごすか。一度きりの自分の人生、どうお金を稼いでいくか、どう大切な人たちとの時間を確保するかは、明日は当たり前にやってこない人生を考える上で、とても大切な考えるべき事柄です。

主婦 在宅 稼ぐ

『5人家族を養う主婦のアフィリエイト in アメリカ』へ
お越しいただきありがとうございます。

木下愛からのプレゼントで、
私がどのようにアフィリエイトで5人家族を養えるようになったか
平凡な主婦でもアフィリエイトで稼げるとはどういうことかなど、

無料メルマガを受け取れます主婦 ネットで稼ぐ 







この記事をシェアしますか?

フォローする