うつ病の夫と生活してきて感じたこと | うつ病の人への接し方

自己紹介で私の夫は自営業の会社倒産によりうつ病だということを書きました。もし、私と同じように「家族がうつ病」また「自分がうつ病」だという方はこの記事を読んで「この人はこんな感じなんだな」ぐらいに思っていただけたらと思います。このカテゴリーにはうつ病夫との生活で気づいたことを書いています。

うつ病の夫との生活

「うつ病」って普段の生活の中で、「欝になりそう」とかって結構気軽に使われたりしていますよね。ここで自慢するのはあれですが、私の夫は、ここでは言えないような強い薬をもらっている(もちろんお医者さんから処方されて)けっこうなうつ病です。基本的にポジティブシンキング&自分に厳しい&細かいことは気にしない性格の私からすると、なかなか夫の状態を受け入れることは難しかったです。だって甘えているようにしか見えなかったんです。

でも「他人は変えられない」ということを長い間近くで実感してきた私は、「元気付けよう」とか「勇気付けよう」、「私がなんとかして元気になってもらおう」、「うつ病をなおしてあげたい!」とう考えは途中から消えました。もちろん夫がうつ病だと診断されてから、正義感などで「私がなんとかしてあげたい」とはずっと思っていましたが、まわりからの影響って、ほとんど効果がないんですよね。やっぱり結局は自分で変わるしかない。

「なんとかしてあげたい!」という強い気持ちは、本人にも伝わります。うちの夫はひねくれた性格もあり、こっちがやってあげようとすればするほど逆効果で、自分の殻に更に閉じこもってしまうという現象が起きていました。

私はいつも、

「まわりがうつ病の人にしてあげられることってなんだろう」

と考えていました。

今でも、うつ病に限らず、人に影響を与えるにはどうすることが一番効果的なんだろうと考えています。

私がうつ病夫との生活で出した答え

「それは少し距離を置く」です。

私も人間なので甘えたかったり、必要とされたり頼りにされたかったり、やっぱりかまってほしいです。「私がなんとかしてあげたい!」「元気づけたい」「頼ってほしい」そういう思いって、実は私が「必要とされたい」「頼られたい」「さみしい」そういう気持ちから来ているのだとわかりました。

私は「自分が今できること」に集中することに決めました。それが私にとっては子どもを育てながら家でお仕事ができるネットビジネス、アフィリエイトなんですが。パソコン音痴、すぐに寿退社→子育てでまともに企業で働いたこともない何も知らない主婦が、ネットビジネスで家族を養うなんて今考えるとかなり無謀なんですが・・・当時はもうこれしかないと思っていましたし、迷いもなく全力でアフィリエイトについて勉強しました。

お仕事を始めてからのうつ病の夫の変化

始めは夫も「携帯の使い方さえわかっていない機械音痴の妻」がパソコンで仕事をするなんて無謀だと思っていたと思います。私のことを信じてもいなかったと思います。

でも最終的には「信じて頑張り続けた私」のことを見ていてくれ、なぜか少しずつ会話が増えるようになり、前よりはコミュニケーションが取れるようになりました。今ではスーパーの買いものを一緒にしたり、子どもと外で遊んだり、少しずつ行動派にも広がってきています。

私は、「他人を変えることはできない」「自分が影響力を与えられる人になろう」「見せ付けなくても自然に相手に影響力を与えられるように」このような感じでとにかく目の前の仕事(自分のやるべきこと、できること)に集中して突っ走ってきただけです。

うつ病の夫と生活してきて感じたこと | うつ病の人への接し方 おわりに

「他人は変えられない、自分と未来は変えられる」

「影響力のある人になる」

ネットで稼げるようになる前の何も知らない主婦の私からすると、想像もできないことを言っていますが、これは私のこれからも掲げていくテーマです。『子どもを育てながら子どものそばで経済的に自立した女性』これからも追求してレベルアップしていけたらなと思っています。

うつ病 接し方

主婦 在宅 稼ぐ

『5人家族を養う主婦のアフィリエイト in アメリカ』へ
お越しいただきありがとうございます。

木下愛からのプレゼントで、
私がどのようにアフィリエイトで5人家族を養えるようになったか
平凡な主婦でもアフィリエイトで稼げるとはどういうことかなど、

無料メルマガを受け取れます主婦 ネットで稼ぐ 







この記事をシェアしますか?

フォローする